箱根寄木細工とは

箱根寄木細工は、江戸時代後期に
箱根と小田原の中間に位置する「畑宿」にて始まったとされております。

明治時代になると、さらに複雑な模様が作られていき、
昭和59年には、その優れた技術が認められ、国の伝統的工芸品に指定されました。

200年以上もの長い年月をかけて継承・発展してきた寄木細工の技術は、
今もなお箱根と小田原のみで生産されています。

寄木細工に使用される木

寄木細工に使用される木

寄木細工で使用される木は、着色などされていない天然の木です。
今では、国内外問わず、いろいろな所から木材を仕入れています。

寄木細工ができるまで

寄木細工には「ズク」と「ムク」という2種類の手法があります。

色味の違う木片を組み合わせ、模様を作り出す “種板” を作ります

種板
手法1

[ ズク ] かんなで種板を薄く削り、箱に貼りつけます

ズク
手法2

[ ムク ] 種板をろくろなどで削り出し、成形します

ムク